【洒落怖】資材倉庫の前に着き、真っ暗闇の中、ヘッドライトを頼りに車を降りる。 いきなり突んのめった。 足首が何かに引っ掛かったのだ。 何とか転倒は堪えると足元へ目を向けた。