【洒落怖】当時わたしは中学生で、まだ猟師を生業にする人たちも若干残っていた。わたしの祖父には狩猟の趣味があり、愛犬2頭を連れてよく狩りに 行っていたものでした。