【洒落怖】ある日、父方のおばあちゃんが怪我した野良猫を拾ってきました。聞けば家の前で交通事故にあい、動けなくなっていたのを保護してきたとのこと。青い目の、雌の猫でした。