【洒落怖】渓流釣りに行き、山中の河原に野営していた夜のこと。 竿の手入れをしていると、焚き火の向こう側に何かがいるのに気がついた。