【洒落怖】彼が小さい頃、村外れの山に小さな沼があった。 普段からそこで遊んではいけないと、しつこく注意されていたという。 ある時、その沼で子どもが溺れたことがあった。