【洒落怖】山深い峠道を車で走っていると、行く手の路上に何かが蹲っていた。 速度を落とし近寄ると、それは猿の赤子だった。