【洒落怖】学生時代、仲間二人で入山している時に遭難したのだという。 季節は秋の終わりで、小雨が降り続いていた。 道を見失い、雨に打たれ続けた彼らは、疲労困憊だったそうだ。