【洒落怖】一人で山道をのんびり歩いていたという。 右手奥の立木の根元に、何かモコモコと蠢くものが目に付いた。