「テレホーダイ」や「テキストサイト」 インターネット世代を自負する人たち