「カネ、カネ、カネ」からの脱却を