【洒落怖】教室の中へ入ると、彼女はいつもと同じように外を眺めていました。『あのうー』 声をかけると同時に僕は違和感を感じたのです…