【洒落怖】「やることねえし、ちょっとどっか冒険しね?」 「じゃあ、心霊スポットのアノ家は?」現場に到着すると、全員一点を見つめてボー然としてた。見つめていたのは玄関。