糸井「やっぱ、こういうすごい声援の中で打つのがもう、気持ちいいです。はい」