心臓を鷲掴みにされるくらい怖かったこと