「あれはオーサー氏からの挑戦状」 怒りのトゥトベリッゼ監督と寡黙なメドベージェワ