セブン&アイ・ホールディングス(3382)を分析してみました