「兼高かおる世界の旅」を懐かしむ