シノケンGが歩み始めたJ-REIT組成への道程