現金比率を高めながらも株を保有している理由