お花畑的な平和から目覚めなければならない日が訪れた