「人とは何か」を常に思考の真ん中に サローネで再認識したこと